うつ病治療に大切なコト【良い病院選びも大事なこと】

うつ病治療に大切なコト【良い病院選びも大事なこと】

サイトメニュー

男性

克服には周りの支えが大事

大切な人がうつ病かもしれない、あるいは、うつだと診断されたのなら、本人だけで治療院を探すのではなく、周りも協力をしましょう。決して悲観的にならず、周りはしっかりサポートしてくれますし、良い病院にも巡り会えます。

7326677067

男性

誤診に注意

うつ病は、その症状が1つに限らず実はいろんな種類があります。落ち込みが激しい抑うつ病や、ローテンションとハイテンションが交互に現れる双極性障害などがあります。その2つの病気は、病院で誤診されることもあるため気をつけなければなりません。

詳しく見る

医者

予防策を行う

うつ病は現代、誰もがかかる可能性があります。病気にならないようにするためにも予防をすることが必要です。うつ病を予防するのに良いのが、オメガ3脂肪酸という成分が含まれる食材を積極的に取り入れることです。

詳しく見る

レディ

治療を続ける事が大切です

うつ病の症状が見られたら、あらゆる可能性を考慮した上で適切な治療を受ける事が必要です。治療期間中は決して自己判断をせずに医師の方針に沿いながら治療に専念します。そして精神科などの医療機関では薬物療法だけでなく心理療法も受けられます。

(918) 226-9790

夏の季節に発症する病気

女性

セロトニン不足で発症

冬の季節になる冬季うつ病はよく伝えられる病気ではありますが、夏の季節に起こる夏季うつ病というものもあります。冬季うつ病は日が昇る時間が短いことから、太陽光を浴びる時間も短くなり、太陽光を浴びることで脳内に分泌されるセロトニンが不足して発症する病気です。セロトニンは脳内神経伝達物質の1種で、脳内に分泌されることで脳が活性化され、ストレスに強くなります。それを不足すれば、うつ病を発症しやすくなるといわれています。しかし夏季の場合は、日が上る時間が冬より圧倒的に長く、セロトニンを脳内に分泌させやすい時期です。太陽光を浴びるには十分時間を作ることができます。それなのに発症する原因は、梅雨にあります。梅雨になれば、晴れる日が少なくなります。そのため太陽光を十分に浴びることができず、セロトニンが分泌されにくくなり、その影響からうつ病の症状が出てくるようになります。梅雨でなくても、曇りの日や雨の日は調子が悪くなるという人は実は多く存在しています。症状を軽減させるためには、十分にセロトニンを脳内に分泌させることができるよう、晴れた日はしっかりと太陽光を浴びる習慣を身につけることが必要です。日焼けが気になる場合は、日焼け止めをつけるかUVカットができる日傘や帽子などで紫外線を避けながら日の光を浴びると、必要な成分だけ吸収できます。もし夏季うつ病を発症してしまい、その症状がひどくなってしまえば病院で治療を受けることがあります。実は夏季うつ病の治療法は、冬季うつ病とほぼ同じ方法といわれています。その理由は、原因がセロトニン不足ということからそれを補うための方法で取り組むからです。その治療法の1つに、太陽光と同じ光を浴びせるものがあります。ブライトライトという照明を利用し、それを2時間以上浴びて太陽光と同じ光を体の中に吸収させ、脳内にセロトニンを分泌させて治していきます。そのほかの治療法では、セロトニンを分泌させる抗うつ剤を処方し、それを服用して治療していく仕方もあります。病院にかかり、治療法によってはその診察料も変わってきます。もし診察料金が気になるのであれば、治療を受ける前に医師に相談するのが良い方法です。なかなか聞きづらい内容かもしれませんが、費用を支払うのは本人や家族なのでとても重要なことです。その相談を渋る医師がいる病院は、あまり良いところとはいいがたいかもしれません。診察料を含め、医師は患者やその家族の相談事をちゃんと聞いてくれる人が良いといいます。ちゃんと話を聞かずにいる医師のもとで治療を受けると、話を聞いてくれないことで苦しむ患者もいます。ちゃんと治すことができるように、良い病院選びも大事なことです。

人気記事

男性

克服には周りの支えが大事

大切な人がうつ病かもしれない、あるいは、うつだと診断されたのなら、本人だけで治療院を探すのではなく、周りも協力をしましょう。決して悲観的にならず、周りはしっかりサポートしてくれますし、良い病院にも巡り会えます。

詳しく見る

男性

誤診に注意

うつ病は、その症状が1つに限らず実はいろんな種類があります。落ち込みが激しい抑うつ病や、ローテンションとハイテンションが交互に現れる双極性障害などがあります。その2つの病気は、病院で誤診されることもあるため気をつけなければなりません。

詳しく見る

医者

予防策を行う

うつ病は現代、誰もがかかる可能性があります。病気にならないようにするためにも予防をすることが必要です。うつ病を予防するのに良いのが、オメガ3脂肪酸という成分が含まれる食材を積極的に取り入れることです。

詳しく見る

レディ

治療を続ける事が大切です

うつ病の症状が見られたら、あらゆる可能性を考慮した上で適切な治療を受ける事が必要です。治療期間中は決して自己判断をせずに医師の方針に沿いながら治療に専念します。そして精神科などの医療機関では薬物療法だけでなく心理療法も受けられます。

詳しく見る

Copyright© 2018 2139914703 All Rights Reserved.